カラオケ好きなOLが選ぶ歌のレッスンスクール♪

HOME » 自宅で出来るボイトレ法 » まずは身体を鍛えよう

まずは身体を鍛えよう

腹筋を使った発声方法をマスター

良い発声をしようと思ったときに、まずすぐに直さないといけないのは喉から声を出すこと。高音を出すときや長い音を歌い続ける時など、声を喉で振り絞って出すような歌い方をする人が居ますが、文字で表すと「アー」ではなくて「ア゛ー」とでもいうような声になってしまいますので、きれいに聞こえないんですよね。

そんな喉で声を出してしまっている人に意識してほしいのが腹筋の使い方です。腹筋と連動させて声を出せるようにして、高い音を出すとき、長い音を出すときに腹筋に負荷をかけるようにすること。そうすることで、喉からではなく、お腹から声が出るようになりますので、喉声のような不快に感じられてしまうかもしれない声を出さなくて済むようになります。

お腹と声が連動する感覚をつかむのが肝

腹筋を鍛えることが必要と書いてますが、そうは言っても、変にお腹に力を入れて力んで歌う必要はありません。感覚をつかむまで時間がかかると思いますが、過剰な力の入れすぎは禁物。お腹と声とを連動させられるようにすることが大事なんです。

ですから、腹筋を鍛えるときにも、それを意識した鍛え方が重要。普通の腹筋以外にも、寝た姿勢で首を起こして腹筋に力が入る状態を維持して長いブレスをして声と腹筋が連動する感覚をつかむなど、ボイトレをする前にトライしてみましょう。

腹筋に力を入れた状態での長音で意識する以外に、スタッカートで腹筋を絞ったと同時に声を出す感覚など、腹筋と声を連動させる感覚をつかむやり方はいくつうかあります。いろいろな練習方法を試して感覚をつかめるようにしましょう。

 
池袋ボイストレーニング教室ガイド